アトピタ

スキンケアトップ

赤ちゃんのお肌トラブル「乳児湿疹」

乳児湿疹とは、生後1歳前後までの赤ちゃんにできる湿疹の総称です。
乳児湿疹とアトピーの違いが気になる人も多いようですが、アトピー性皮膚炎とはまだ診断できない状態の湿疹や、頭皮に硬いかさぶたのようなものができてしまう脂漏性湿疹、あせもも乳児湿疹に含まれます。
赤ちゃんのお肌はすべすべ・もちもちが当たり前だと思いがち。急に現れてなかなか治らないブツブツにお悩みの方に、乳児湿疹の原因と予防・対処のお話です。


関連記事

知ってほしい赤ちゃんのお肌のこと

乳児湿疹の原因はひとつじゃない

乳児湿疹の原因は状態や月齢によって様々です。

1
新生児挫創、いわゆる新生児ニキビと言われるニキビのよう赤いポツポツ
2
頭皮や眉毛付近に黄白色のかさぶたが広がる脂漏性湿疹
3
外部の刺激に敏感になって表れる乳児湿疹
4
あせも

1と2の湿疹はお母さんの女性ホルモンの影響が強いといわれています。この場合は、皮脂が過剰に分泌されていることが原因です。
3の場合、お肌の乾燥によって皮膚バリア機能が低下していることが大きな原因です。
4のあせもは、汗が皮膚に残ったまま放置しているとできてしまいます。

乳児湿疹とアトピーの違いは

アトピー性皮膚炎の特徴は、状態が悪くなったり良くなったりを繰り返し、かゆみのある湿疹があることです。湿疹の治療をしながら経過を見て診断されることが多く、湿疹が出てすぐにはわからないようです。

アトピー性皮膚炎の場合、乾燥により皮膚バリア機能が低下しています。正しいスキンケアで皮膚バリア機能を回復させ、維持することで皮膚炎やかゆみの発生を抑えることができます。また、食物アレルギーを併発していることも多いアトピー性皮膚炎ですが、皮膚バリア機能を高めることによって皮膚から食物アレルゲンが入ってくることを防ぐ効果を得られます。

トラブルが無くても、生まれたばかりの頃からしっかり保湿してあげることでアトピー性皮膚炎の発症リスクを下げるという報告もあります。

乳児湿疹のための正しいスキンケアの方法

まずは汚れをしっかり落としてあげます。ベビー用のボディーソープやヘアシャンプーをしっかり泡立てて手で優しく洗ってあげましょう。
※お顔や頭皮を洗剤で洗えていない人が意外と多いようです。

泡が残ると皮膚の刺激になり、乳児湿疹の原因になってしまいますので十分にすすぐことも大切です。

お風呂からあがったらすみやかに保湿して乾燥を防ぎます。新生児ニキビや脂漏性湿疹など脂っぽくなっているタイプだと、保湿することで悪化してしまわないか不安になりますよね。でもキレイなお肌を保つためには保湿剤を使って皮脂バランスを整えてあげることが必要です。


関連記事

赤ちゃんのためのスキンケア清潔編

赤ちゃんのためのスキンケア保湿編

乳児湿疹はいつまでつづくのか

乳児湿疹は生後2週間ごろから起こりうるものですが、いつまで続くのかは赤ちゃんによって様々です。生後2-3か月頃までは皮脂が多く分泌されることによる湿疹、その後は乾燥による湿疹、と様子を変えて長く続くこともあります。
ただ、多くの赤ちゃんは正しいスキンケアを続けることによって皮膚バリアも備わってきて1歳ころには落ち着いてくることが多いようです。

湿疹が出て、スキンケアをしても治まらない場合は医師の診断を受けましょう。
食物アレルギーが疑われる場合も自己判断で食事制限を行うことはリスクがあります。

まとめ

  • 乳児湿疹は乳児期に起こる皮膚トラブルの総称で、原因は様々
  • スキンケアでアトピー性皮膚炎の症状を和らげ、発症リスクも下げることができる
  • 正しいスキンケアの基本は赤ちゃんの全身を「きれいに洗う」「しっかり保湿」
  • 乳児湿疹は皮膚バリア機能が備わってくる1歳頃に落ち着いてくることが多い

関連商品

カサカサ・かゆかゆを繰り返す赤ちゃんの肌荒れに。アトピタ

※『かゆかゆ』とはお肌の乾燥によるものを指します

ページトップへ